現在は、たくさんの種類のシャンプーが販売されていますよね。
一般的なシャンプー、ダメージヘア用のシャンプー、育毛シャンプー、ノンシリコンシャンプーなどたくさんの種類のシャンプーが販売されています。
このシャンプーをドラックストアや美容室などで、自分に合ったシャンプーを購入されている事でしょう。
シャンプー選びをする時に、その成分を見てシャンプーの購入をされていますか?

シャンプーはさまざまな原料を使って作られています。
その使用されている原料の事を、成分と呼んでいます。
現在では、薬事法によりこの”成分”を表示する事が義務付けられています。
シャンプーの裏側を見れば、そのシャンプーがどのような成分を使って作られているのか?が分かるようになっています。

また表示されている成分が書いてある順番ですが、この順番に決まりがあるという事を御存じでしょうか?
このシャンプーに書かれている成分は、シャンプーの中で多く使用されている順番で記載されているんですよ。
ほとんどのシャンプーは、水が多く使われていてその次に表示されているのが界面活性剤でしょう。
この界面活性剤によって、髪に良いおすすめのシャンプーか?それともおすすめ出来ないシャンプーなのかが判断出来るポイントとなるでしょう。
界面活性剤の成分を見て、髪におすすめの良い商品なのか?おすすめ出来ないのか?が分かるようになればシャンプーを選ぶ際のポイントになるでしょう。

ここでおすすめのシャンプーを名指しで紹介したとしても、決して全ての人に対しておすすめとは言いきれません。
シャンプーは髪質に合わせて選ぶべきで、髪質は人によって異なるため、人によっておすすめのシャンプーも異なるのです。
ですから、自分の髪に合ったシャンプーは地道に探す必要があります。

けれど、全てのシャンプーを試してみるというのもまた、途方もない話ですね。
シャンプーの中には避けたい成分が含まれているものもあるため、消去法でそれらを省いてしまっても良いでしょう。
避けたい成分というのは、「ラウリル硫酸〜」や「ラウレス硫酸〜」と名がつくもの。
これらはどちらも石油系の成分で、実は髪に良くないと言われています。
理由は、頭皮の洗浄力は強いのですが、むしろ強すぎるため。
そのくせ頭皮に残りやすい成分でもあるため、髪の栄養が抜けやすくもあるのです。

では、これらラウリル系、ラウレス系の成分が入っていないシャンプーはどこに売られているのかというと・・・
皆さんが一般的にシャンプーを購入しているところというとドラッグストアが主だと思いますが、ドラッグストアで市販されているシャンプーというのは、ほとんどの商品に上記の成分が含まれています。

となると、頼みの綱は美容室などで販売されている商品。
こちらなら上記の成分は含まれていませんが、高価というデメリットがありますね。
簡単に言うと、ラウリル系やラウレス系とは安価に済ませられるシャンプーで、別の成分で補おうとするとどうしても高価になってしまうのでしょう。

救いなのは、ドラッグストアで市販されているシャンプーのほとんどに良くない成分が含まれているとはいっても、全ての商品にそれが当て嵌まるわけではないということです。
ドラッグストアにも、少なからずおすすめのシャンプーはあります。
他の安い商品に比べるとやや高めではありますが、美容室で購入するものよりははるかに安価のはずなので、まずはそちらを探してお試しください。

前回は洗髪の流れに沿って、行うべき洗髪方法やシャンプーの使い方のおすすめを説明させていただきました。
今回は、洗髪に関してプラスアルファで行ったら良いおすすめのことをご紹介させていただきます。

まずひとつめは、洗髪と同時に行う頭皮マッサージです。
指先で頭皮を擦る(爪を使うのは頭皮が痛むのでNGです)程度のマッサージは皆さんもしているでしょうが、おすすめしたいのはブラシを使用する方法。
ブラシといってもスタイリングのヘアブラシではなく、洗髪時用のブラシ状のもので、ドラッグストアのシャンプーコーナーなどにあります。
これはまさに頭皮マッサージのためのグッズなので、効果も高くおすすめ。

マッサージの仕方は、額やこめかみの生え際から後頭部へと流れるように。
要は、髪の長い女性が、ヘアブラシで髪を梳くようなかんじですね。
髪を洗いながら梳く・・・と考えると良いでしょう。
この流れというのはリンパの流れでもあるのでリンパマッサージにもなり、髪や頭皮の健康にも良い影響を与えます。
シャンプーのときだけでなく、コンディショナーや利尻ヘアトリートメントを髪に馴染ませる際にも、リンパの流れに沿わせましょう。

ふたつめのおすすめは、洗髪の前に湯船に浸かって体全体を温めることです。
理由は、体が温まれば毛穴が開き、汚れもしっかり落ちるため。
湯船に浸かる前に髪を洗ってしまう人は珍しくありませんが、シャワーだけでは毛穴が開くほどの効果はないので、効果が半減してしまいます。

みっつめのおすすめ・・・これはおすすめというよりも注意点ですが、洗髪で背中に付着したシャンプーやコンディショナーは、必ずしっかり落とすようにしてください。
これは髪のためというより肌のためで、シャンプーが残っていることにより、それが背中にきびの元になってしまうのです。
洗髪の後に体を洗うというのもおすすめですが、その際にも石鹸の泡が残らないようご注意ください。

シャンプーは髪を洗うものというより、どちらかというと頭皮を洗うものです。
もちろん、髪に触れる洗剤ですから、髪への影響も考えてシャンプーを選ばなくてはなりませんが。

髪に付着した埃など細かなゴミはシャンプーで落とすのではありません。
洗髪の前にあることをするだけで、ゴミのほとんどが落ち、シャンプーの泡立ちが良くなります。
あることとは、ブラッシングとシャワー。

お風呂に入る前にヘアブラシで髪を解いておくと、髪に付着した埃が落ちるだけでなく、髪の絡まりが解けてシャンプーが行き渡りやすくなり、また頭皮の汚れも浮いて落ちやすくなるのでおすすめです。
また、それに加えてシャワーで流すことで残ったゴミが流れていきます。
このブラッシングとシャワーだけで、埃やゴミの大半が落ちてシャンプーの効果が高くなるのです。

次こそがおすすめの洗髪方法ですが、洗顔の前に洗顔フォームをきめ細かく泡立てるように、シャンプーも手にとって泡立ててから髪に付けます。
髪に付けるときも、いきなり髪や頭皮を擦るのではなく、泡を髪全体に馴染ませてから擦りましょう。

濡れた状態の髪というのは、少し擦れただけで簡単にキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。
これは洗髪後タオルで拭く際だけでなく、洗髪の始めにも言えることなので、泡でキューティクルを保護してから洗髪しなくてはなりません。
そのためのおすすめの方法が、泡を髪に馴染ませるということです。

以上の洗髪方法は、どんな髪質の方にも共通したおすすめ方法です。
女性で育毛したい方にも、薄毛が気になる男性にもおすすめ。
髪を美しく守るために、上記の洗髪方法を習慣付けましょう。

シャンプーには様々なものがありますね。
それぞれ異なる成分があり、また異なる効果も有しているため、どの商品が最もおすすめできるのか一言で言い表すことは難しいでしょう。
成分や効果が異なるということは、人によって合う商品が異なるということです。
それぞれの体質や髪質を考慮したうえで、おすすめのシャンプーはどれかを考えなくてはなりません。

シャンプーは髪や頭皮を洗うための洗剤だと考えられていますが、商品によっては髪のダメージを抑えたり回復させるものもあります。
むしろ、最近の商品はそういった効果を有しているものがほとんどですね。
乾燥を防いで潤いを保つものから、育毛剤の役目を果たすものまで・・・
こういったダメージのことも考えて適した商品を選ぶ必要があります。
もし間違った選び方をしてしまうと、ダメージの改善どころか促進させてしまう恐れもあります。
そのため、乾燥しやすい人は保湿力のある商品、皮脂が溜まりがちな男性なら毛根までしっかり洗える商品、女性で薄毛に悩んでいるなら薄毛対策になる商品がおすすめです。

ただし、自分の体質・髪質に合っているであろう商品を使っているからといって、安心は禁物。
シャンプーはただ洗えば良いというものではなく、正しい洗い方も必要です。
極端な例ですが、髪質に合った商品を使えば使うほど良いと思い込み、シャンプー液の量を多く使いすぎたり、繰りかえし何度も洗髪しすぎてはいけません。
こんな方法では、残しておかなければいけない皮脂までもが取れてしまうなど、髪に良くないことは皆さんもお判りですね。

髪に詳しいのは髪を扱う職業の人。
つまり、美容師やスタイリストです。
そのため、本当におすすめされるシャンプーを知っているのも美容師さんたちです。

シャンプーに限らず、トリートメントやムース、ワックスなどの各種スタイリング剤のおすすめ商品を知りたければ、懇意にしている美容師に訊ねるのが最も適した方法でしょう。
いつもカットなどを手掛けてくれている人なら、お客さんの髪質を知ったうえでおすすめ商品を教えてくれます。

ただ、美容師さんが勧める商品というのは、大抵がその美容院で取り寄せて販売されているもの。
ドラッグストアで売られているものと比べて、どれも高価なのが難点です。
これは、決して美容院で買ってほしいからではありません。
本当におすすめできる商品を選ぶと、どうしても値段が張ってしまうものなのです。
美容院だって良い商品だからこそそれを取り寄せているのですからね。

金銭的に余裕があるのでしたら、美容師さんが勧めるとおりの商品をそこで購入すれば良いでしょう。
しかし、脱毛器や美白など他の美容にも興味があると、シャンプーひとつとってもなるべく安いものを選びたいものです。
そんな場合、美容院で取り扱っている商品ではなくても、遠慮せずにドラッグストアの商品の中からおすすめを教えていただきましょう。

美容師さんもドラッグストアを利用しないわけではありません。
美容院で取り扱っている商品には劣るとしても、なるべく良いシャンプーを教えてもらえます。

頭皮のタイプ別に、おすすめのシャンプーをご紹介しています。
あなたは、どのタイプに当てはまりますか?

●乾燥しがちな人用:おすすめシャンプー
頭皮が乾燥して、痒みがありフケが出やすい方がコチラです。
頭皮以外にも顔にも痒みがある事があります。
このような頭皮が乾燥している方におすすめなのが、弱酸性であり刺激が少ないシャンプーが良いでしょう。
さらに、乾燥しがちなので保湿性が高いものがおすすめです。
植物性タイプのものや無添加のシャンプーが良いでしょう。

●敏感な人用:おすすめシャンプー
頭皮が敏感な方は、やはり刺激が弱いシャンプーをおすすめします。
敏感な方は、皮脂量が少ない方が多くこの皮脂を取り過ぎないように気をつけなければなりません。
洗浄力が強くなく優しい洗浄効果のあるシャンプーがおすすめです。
失われてしまいがちな保湿成分が配合されているタイプを選ぶと良いでしょう。
大人だけではなく、敏感な方用のシャンプーは低刺激なので赤ちゃんでも使えます。
安心して使用する事が出来るかと思います。

三つのタイプ別に、おすすめなシャンプーをご紹介しました。
あなたはどのタイプに当てはまりますか?
この選びを間違うと、薄毛や抜け毛の原因となる事があります。
シャンプーの成分が頭皮に強い刺激を与えてしまう事で、髪に悪影響を与える事があります。
あなたの頭皮にあったおすすめのシャンプーを使用し正しい洗い方をする事が髪には大事なのです。

シャンプーは、薬局やスーパーなどで売られている市販のシャンプーと美容室などで使われているものがありますよね。
値段を比較しますと、やはり美容室で使用しているシャンプーの方が値段が高いのもあり市販のもの使用されている方が多いかと思います。

美容室で使用されているシャンプーよりも市販のものには、コーティング剤が多く含まれているため洗い上がりもごわつかず手触りが良いと感じませんか?
逆に美容室のシャンプーは、コーティング剤が弱いという事になりますよね。
その理由というのが、美容室ではパーマやカラーを行うのでコーティングが弱い方が浸透率が高くなるという理由からなのです。

それでは、自宅で使うシャンプーでおすすめなのはどのような商品なのか?
頭皮のタイプ別におすすめなものをご紹介をしましょう。

お肌は、オイリー肌、乾燥肌、部分別によって違う脂性乾燥肌の方などに分かれますよね。
頭皮も、その人によって脂性の方や乾燥気味の方、そして敏感な方がいらっしゃいます。
それぞれタイプ別に、おすすめのシャンプーをご紹介しますね。

●脂っぽい人用:おすすめシャンプー
髪がベタベタしている方は、皮脂の分泌が多く頭皮が常に脂っぽい状態となっています。
このような脂っぽい人におすすめなのが、匂いがある炭入りシャンプーです。
その他には、フケをとる、毛穴の汚れを取ってくれる育毛シャンプーもおすすめです。

脂っぽいので、頻繁に髪を洗いたいのであれば刺激が少ない石鹸シャンプーはおすすめですよ。
洗浄力も優れています。
また、スッキリ感がほしい方であれば、メントール配合のものがおすすめです。
爽快感があり、気持ち良い洗い心地となるでしょう。

毎日、お風呂で行うシャンプー。
夜に入るお風呂以外にも毎朝、洗面台でシャンプーを欠かせないという方もいるでしょう。
1987年流行語大賞にもなった”朝シャン”です。
今だにこの朝シャンをされている方が、多いようです。

毎日のように使用をするシャンプーですが、あなたがシャンプーを選ぶ基準とは何ですか?
髪を洗った時のしっとり感やその香りなどでしょうか?
シャンプーを購入する際に、ついつい匂いを嗅いで購入をされる方もいらっしゃるでしょう。
また、テレビを見てとか雑誌でおすすめしてあったかたらという理由で選び購入されている方もいるでしょうね。
芸能人がシャンプーのCMをしていて、その美しい髪に憧れてついつい買ってしまった・・・という方もいるでしょうね。

シャンプーは、髪に付いた汚れを取ってくれます。
清潔な髪を保つには欠かせないものですよね。
女性であれば特に、キューティクルのある健康で綺麗な髪でいたいと思いますよね。

綺麗な清潔な髪でいたいけれど、肝心のシャンプーについて知らない方もきっと多いはず。
その成分などについて知らない方もきっと多いのではないでしょうか。

また、シャンプーの成分以外にも正しい荒い方を知らずにゴシゴシ洗いをしていませんか?
その洗い方が、もしかすると髪を痛めているかもしれませんよ。
そうならない為にも、正しいシャンプー方法や髪に優しいおすすめのシャンプーをご紹介しましょう。
あなたの選び方や、洗い方は間違ってませんか?